main image

アフィリエイトで記事が書けない一番の原因とは・・・?

 

 記事を書こうと思ったら、手が止まってしまった。

 

 ちょっと書いては、すぐに悩む。

 

 記事を書くことで悩んでいる人が、かなり多いです。

 

 

 はたして、その原因とは・・・?

 

 

 

 

 

 

記事が書けない悩みを抱えている人が多い

 

 

あなたは、記事を書くときに何を気にかけていますか・・・?

 

 

 

記事を書くときに、考えすぎて手が止まることはありませんか・・・?

 

 

 

書いた記事に納得できなかったり、自信が持てないことはありませんか・・?

 

 

 

 

アフィリエイトって、一言でいってしまえば

『記事を書く仕事』ですよね。

 

 

 

まぁ、厳密には、もっと色々あるんですが

結局のところ、記事が書けるか書けないかで

稼げるか稼げないかの、全てが決まってきます。

 

 

 

そもそも、記事が書けないと

キャッシュポイントが、増えませんので・・・

 

 

※キャッシュポイントとは、お金が発生する部分。

 アフィリエイトの場合は『アフィリリンク』のこと。

 

 

 

アフィリエイトをやり続ける限り

常に記事を書かなければなりませんが

困ったことに、記事を書けない人が物凄く多いんですね・・・

 

 

 

実際に、サポートをやっていても

記事が書けなくて、ピタッと作業が止まってしまう人も

少なくありません。

 

 

 

ちゃんと書ける人から見ると

 

 

 

『何で記事ぐらい書けないの?』

 

 

『やる気ないんじゃないの?』

 

 

 

と思うかもしれませんが、別にやる気がない訳でもなく

書けない人自身は、かなり深刻な悩みになっています。

 

 

 

本当に、やる気がなければ

ポイッと放り投げるだけなので、悩んだりはしません。

 

 

 

逆に、やる気があるからこそ

物凄く、悩んでしまうんですよね。

 

 

 

頻繁に手が止まってしまう人

記事を書く際に、思い悩んでいる人たちから話を聴いている内に

ある、共通した事項があることに気が付きました。

 

 

 

手が止まる一番大きな原因は・・・

 

 

 

書いた記事に対する評価の捉えかた

 

 

 

これなんです。

 

 

 

 

記事の評価には2種類ある

 

 

記事を書いて公開すれば、色んな人に見られるわけですから

当然、見た人に評価されますよね。

 

 

 

ただ、この評価というのは、そんなに単純ではなく

 

 

他者評価

 

 

自己評価

 

 

 

この2種類があります。

 

 

 

どちらか片方で悩んでいる人、両方で悩んでいる人と

人によって、まちまちです。

 

 

 

評価に関しては、人それぞれ捉え方があり

捉え方を間違えていると、記事を書く際のプレッシャーが半端ないです。

 

 

 

ただ、捉え方を正しくすれば

気にせず、サクサク書けるようになるので

それぞれの、正しい捉え方について考えてみましょう。

 

 

 

まず、『他者評価』について気になる人は

比較的、始めたばかりの人に多いです。

 

 

 

ある程度、長くやっている人は

もう、慣れてしまっているというか

他人の目は、まったく気にしていません。

 

 

 

しかし、長くやっている人でも

記事の内容やジャンルによっては

物凄く、他人の目が気になる場合もあります。

 

 

 

ハヤテの場合は、もう結構長いことやっているので

特に気にせず、サクサク記事を書いているんですが

評価が気になって、中々書けないこともありました。

 

 

 

 

とある人気作家さんのアドバイス

 

 

例えば、以前本を出版する際に

出版セミナーに半年間、通っていたんですが

この際に、物凄く思い悩んでいる時期がありました。

 

 

 

出版セミナーには、色んな出版社の編集さんが見に来て

その人たちに、自分が出したい本のプレゼンをし

手を挙げてくれた人がいたら、出版が決定というシステム。

 

 

 

何か、アイドルオーディションみたいな感じですね。

 

 

 

しかし、ハヤテは何度プレゼンしても

まったく見向きもしてもらえず、ショボーンと落ち込んでいました。

 

 

 

しかも、すでに出版が決まっている人が何名かいたので

気持は日に日に焦るばかり・・・

 

 

 

そんな時、すでに何冊も本を出版されている

先輩作家の人と飲みに行くことになり

こんな会話がありました・・・

 

 

ハ=ハヤテ  先=先輩作家さん

 

 

 

先『企画書見たけど、もうちょっと弾けていいと思うよ。

 

  書きたいこと、遠慮なくどんどん書かないと。

 

  ちょっと、大げさなぐらいが丁度いいから』

 

 

ハ『いや〜、でも、あまり尖ったこと書きすぎても

 

  特に本が出たあと、叩かれたりとかないですか?』

 

 

先『いや、叩かれるの最高じゃん!

 

  叩かれてこそ、一人前だよ』

 

 

ハ『へっ・・・??』

 

 

先『当たり障りないこと書けば、叩かれない代わりにファンもできない。

 

  つまり叩くアンチが湧くってことは、濃いファンが付いている証拠だから。

 

  だから、初めて自分の本が2chで叩かれたとき、飛び上って喜んだよ(笑)』

 

 

 

バーで飲みながら、こんな会話がありました。

 

 

 

よくよく考えてみると

ある程度、認められていないと、いい評価も悪い評価も付きません。

 

 

 

一番分かりやすい例で言うと

Amazonの、商品レビューがあります。

 

 

 

物凄く人気で売れている商品は

沢山のレビューが付いており、だいたい評価は4や5という

非常によい評価なんですが

 

 

 

よくよく見ると、ごく少数ですが

必ず1や2の悪い評価も付いています。

 

 

 

やはり人気があって注目されていれば

必ず、悪い評価も付くんですよね。

 

 

 

逆に、人気がない商品は全くレビューが付いておらず

よい評価も悪い評価も付いていません。

 

 

 

これは、まったく注目されていないからです。

 

 

 

つまりは

 

 

 

評価が付くのは人気がある証拠

 

 

 

良い評価も悪い評価も全てが

人気のバロメーターになっているんですね。

 

 

 

 

最初のうちはほとんど見られていない

 

 

さて、アフィリエイトに話を戻しますが

『他者の評価が気になって書けない』という人は

はたして、日本中の人が注目している有名人でしょうか・・・?

 

 

 

それとも、運営しているブログが

1日に1万人以上の人が訪れる、超人気ブログなんでしょうか・・・?

 

 

 

おそらく、そんなことはないと思います。

特に、始めたばかりでは、誰も注目していませんからね。

 

 

 

ハヤテはよく、評価を気にして手が動かない人に

 

 

『どうせ誰も読んでいないので、気楽にやってくださいね』

 

 

こんなことを言っています。

 

 

 

実際に、いくら公開しても

そんなに多くの人が見ている訳じゃありませんし

場合によっては、1人も見ていません。

 

 

 

読まれているとしても

サラッと、流し読みする人が殆どです。

 

 

 

なので

 

 

『どうせ、誰も読んでないし』

 

 

これぐらいの認識で、気楽に書きましょう。

 

 

 

誰も見ていないのに、変に気を使っても

時間と体力が、もったいないですからね。

 

 

 

悩むなら、人気者や有名人になってから

好きなだけ悩みましょう(笑)

 

 

 

 

自己評価はあまり当てにならない

 

 

さて、他者評価については、もう完全に慣れの問題なので

その内、周りの目線が全く気にならなくなります。

 

 

 

むしろ厄介なのが『自己評価』です。

 

 

 

記事を書くたびに

 

 

 

『もう、全然ダメだ・・・』

 

 

『こんなレベルが低いの、人に見せられない・・・』

 

 

『どうして自分は、他の人みたいに上手く書けないんだ・・・』

 

 

 

こんな風に、悶々としてしまっている人もいます。

 

 

 

しかし、実際に見せて貰うと

『こうしたほうが、もっと魅力的に見えますよ』という指摘は少ししますが

間違いなく、水準以上の完成度なんですよね。

 

 

 

むしろ、自信満々に『いいのが出来ました!』と言って持ってくる人のほうが

目も当てられないぐらい、酷い内容の場合もあります(笑)

 

 

 

今までのサポートの経験上

実際のところは、他者評価で手が止まる人よりも

自己評価で行き詰まる人が多いです。

 

 

 

これは、どういうことかというと

 

 

 

自己評価がとても厳しい人が多い

 

 

 

これなんですね。

 

 

 

他者が評価するよりも、遥かに厳しい基準で評価しているため

自己嫌悪に陥って、手が止まってしまう訳です。

 

 

 

自分に厳しいのは悪いことではないんですが

厳しすぎるのは、考えものです。

 

 

 

ある程度の経験を積んで、ベテランレベルまで来たら

真剣に自分の実力を、厳しく見つめたほうがいいですが

初心者の段階でこれをやっても、ほとんど意味がありません。

 

 

 

というのも、自己評価とは他者評価よりも

遥かに難しいからです。

 

 

 

自分の書いたものが、良いのか悪いのかは

なかなか、分からないんですよね・・・

 

 

 

これは、他人の長所や短所は簡単に分かっても

自分の長所や短所は、よく分からないのと一緒です。

 

 

 

自分の書いた文章を自己評価するのは

どんなに経験を積んでも、至難の業です。

 

 

 

今までに、万を越える記事を書いて来たハヤテ自身も

毎回記事を書くたびに

 

 

 

『何か違うんだよなぁ〜・・・』

 

 

『こんなんで、本当にいいんだろうか・・・』

 

 

 

こんな想いは、必ず浮かび上がってきます。

 

 

 

ただ、『どうせ誰も見てないから、いいや〜。ポチッ』

というノリで、記事をアップしているだけです(笑)

 

 

 

仮に、完成時に『最高の物が書けた』と思っても

翌日になってみると、『何か違う感』が必ず湧き上がってきます。

 

 

 

おそらく、どんなに沢山書いて経験を積んでも

100%納得できる記事は、永遠に書けないのかもしれません。

 

 

 

しかし、どんなに納得いかない記事を書いても

『感動しました』『物凄く勉強になりました』

こういう感想は、今までに沢山いただきました。

 

 

 

自分では、『大したことない』『当たり前のことだ』

こう感じていても、他の人から見ると凄いこともあるので

 

 

 

自己評価はあまり当てにならない

 

 

 

あくまでも、その記事の価値は

見た人それぞれが決めるものです。

 

 

 

なので、自己評価をいくらしても意味がありません。

 

 

 

 

上手い記事が書けるかどうかは運しだい

 

 

書きあがったら、さっさとアップして

『評価は読者にお任せ〜』と割り切ったほうがいいです。

 

 

 

もし、どうしても書いた記事が気に入らなかったら

次に書く記事で頑張るだけです。

 

 

 

あくまでも、書き手は書くのが仕事で

評価は、仕事の範囲外ですからね。

 

 

 

また、ハヤテ自身

今までに、雑誌の記事、本の原稿、教材、ブログ記事、メルマガ

色んな文章を書き続けて来て、あることを悟りました。

 

 

 

やはり、物を書く仕事に携わる人は誰しも

『少しでもうまく書きたい』という想いは

常に、胸に秘めていると思います。

 

 

 

しかし、実際のところは

 

 

 

上手い記事が書けるかどうかは時の運

 

 

 

いくら極めても、本当に上手い記事が書けるのは年に数回です。

 

 

 

どんなに綿密に計画しても、いまいちな時もあれば

気楽に書いたのに、いい記事が書けることもある。

 

 

 

書いている最中に、偶然いいアイディアが降りてきたり

突然、名言が浮かんだりと、これは本当に運だと思います。

 

 

 

その日の体調やテンションも、大きく関わってきますしね。

 

 

 

上手く書こうと思ったから、上手く書けるのではなく

『その時の運しだい』だと思えば、結構気楽に書けるでしょ?

 

 

 

でも本当に文章というのは、日によって質が全然違うので

つくづく『運の要素が大きいなぁ』と日々感じています。

 

 

 

なので、気負わずに

サクサクっと、書いちゃってくださいね。

 

 

 

運が悪ければ、いまいちな記事になりますが

運が良ければ、今年最高の記事になるかもしれませんよ。

 

 

 

 

評価さえ気にしなければ誰でも書ける

 

 

長くなったので、最後にまとめておくと

 

 

 

他者評価、自己評価などのせいで

すぐに手が止まって、記事が書けない人は

結構多いです。

 

 

 

でも、実際は

 

 

 

評価で悩むのはただの思い込み

 

 

 

これ、忘れないで下さいね。

 

 

 

文才は万人がもっているものであり

評価さえ気にしなければ、簡単に書くことができます。

 

 

 

しいて言うなら、沢山書けば書くほど

どんどん文章が洗練されていく、ということぐらいです。

 

 

 

あなたの文章を求めている人、高く評価してくれる人は

必ず、どこかにいます。

 

 

 

自信を持って、どんどん書いて行ってくださいね(゚-^*)b

 

 

 

記事一覧

 

 

 


コメント
ブログランキングから来ました!


上手く書けるのは運がいいときですよね・・・。それでも諦めずに
向上心をもってやっていきたいと思えました、ありがとうございます☆
こんばんは。
記事がサクサクかけるといいですね。
私はなかなかいい言葉が浮かばずに手が止まってしまいます。
何とかサクサク書けるようになりたいものです。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

ハヤテのプロフィール

hayate-avater.gif

2010年より、アフィリエイトに取り組み始め
毎月7桁の収入を常にキープしながら
専業アフィリエイターとして
悠々自適に生活しています。

教材作成・本の執筆・コンサルタントなど
様々な、ビジネスを展開していますが
一番得意なのが、物販アフィリエイトです。

詳しい実績やプロフィールはこちら
 
        

categories

相談・質問メールはお気軽に

002.gif

アフィリエイトのお悩み・ご相談など
初心者の方も、お気軽にご連絡ください。

長年の実践経験、コンサル経験をもとに
分かりやすく解答させていただきます。

ブログランキング


ブログランキング3冠を達成しました
皆さんの応援に感謝感激です^^



おすすめ教材&ツール

疾風アフィリエイト.jpg

ゼロから始めて
最速で稼ぐ仕組みを作る方法


詳しいレビューはこちら



COMPAS.jpg

売れるキーワード選定
ライバルサイト分析もボタン一発
安く速くSEO対策をしたいなら


詳しいレビューはこちら

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM