main image

アフィリエイトで肝になる伝わる記事と伝わらない記事の書き方

 

 記事を書く際に一番気を付けるべきは

 

 読み手に確実に伝わる内容。

 

 自分では伝わっているつもりでも

 

 ある部分を間違えてしまうと

 

 完全な一方通行の記事に・・・

 

 

 

 

 

記事に一番求められるもの

 

 

あなたは記事を書く際に、何に一番気を付けているでしょうか?

 

 

 

意外と、自分基準や自分目線で

自由に書いてしまっている人もいますが

それだと『一方通行な記事』になっている可能性が大です。

 

 

 

アフィリエイトの記事はもちろんのこと

どんなジャンルの記事においても、一番大切なのは

読者に求められている記事を書くことです。

 

 

 

では、求められている記事とは何かといえば

やはり『役に立つ記事』になります。

 

 

 

誰もが、何らかの役に立つ記事を探して見に来ているわけで

 

 

 

・何かの問題解決のため

 

 

・何かの学習や調査のため

 

 

・知的好奇心を満たすため

 

 

・欲しい商品やその情報を探すため

 

 

 

いずれの場合も、役に立つ記事を求めています。

 

 

 

あなたも、ネットで検索をする目的は

あくまでも、役に立つ記事を探すためではないでしょうか?

 

 

 

したがって、記事を書く際には

いかにして、役に立つ記事が書けるかが大切です。

 

 

 

しかし、いくら役に立つ内容の記事でも

読み手に伝わらないと全く意味がないので

その前の段階で、もっと重要なことがあります。

 

 

 

記事に一番求められるのは

 

 

 

読み手に100%伝わる内容

 

 

 

これに他なりません。

 

 

 

『そんなの、当たり前じゃん』と思うかも知れませんが

役には立つけど、上手く伝わらない記事というのは

今までにも沢山見てきました。

 

 

 

実際に、普段コンサルなどでブログ診断をしていると

内容は悪くないけど『う〜ん』と首をかしげる記事もよくあります。

 

 

 

内容が良くても、読み手に上手く伝わらないことには

役に立つ記事とは、認識して貰えません。

 

 

 

役に立つ記事   = 役に立つと読み手が認識できる記事

 

 

役に立たない記事 = 役に立つと読み手が認識できない記事

 

 

 

書き手が、役に立つと思うかどうかではなく

『読み手が、役に立つと認識できるかどうか』

この部分が肝になるわけです。

 

 

 

普通の記事ならまだしも、商品を紹介するアフィリエイト記事だと

これは致命傷になってしまいます。

 

 

 

なぜなら、伝わらない記事では

いくら商品を紹介しても、まず売れませんので。

 

 

 

ただ困ったことに

書いている本人は完璧なつもりでいて

上手く伝わっていないことに、中々気付かないものです。

 

 

 

 

読み終わった後に違和感の残る記事

 

 

やはり役に立つ記事というのは、読み終わった後に

 

 

 

『へぇ〜、そうだったんだ』

 

 

『なるほど、そういうことか』

 

 

 

こういった、心地よい読後感があるのが普通で

これがいわゆる『伝わる記事』だった場合です。

 

 

 

ただ逆に

 

 

 

『あれっ、もう終わり・・・?』

 

 

『う〜ん、訳が分からん・・・』

 

 

『結局、何が言いたかったんだ・・・?』

 

 

 

この何とも言えない違和感があるのが

『伝わらない記事』の場合です。

 

 

 

伝わらない記事は、書いてある内容が間違ってるわけではありません。

 

 

 

もし、間違っているのであれば

 

 

 

『いやいや、どう考えたって間違ってるでしょ』

 

 

『そんなの、絶対にあり得ないよ』

 

 

 

こういう感想が思い浮かぶからです。

 

 

 

つまり、伝わらない記事というのは

記事の内容が、正しいのか間違っているのかすら判断できず

感想すら思い浮かばない、よりひどい状態だと言えます。

 

 

 

これは、内容の正しさよりも

単純に、書き方が間違っているからです。

 

 

 

ある程度慣れていても、うっかり気を抜くと

この『伝わらない記事』になってしまうので

 

 

 

記事を書く際には常に

『読み手に100%伝わる内容』

これを意識する必要があります。

 

 

 

 

記事のテーマには2つの展開の仕方がある

 

 

内容がよく分からない『伝わらない記事』は

どれも共通して『テーマの展開の仕方』を間違えています。

 

 

 

記事を書く際には、必ず何かしらの『テーマ』がありますよね。

 

 

 

『今日は○○について書こう』の、○○の部分がテーマです。

 

 

 

このテーマの展開の仕方には

 

 

 

1:テーマを横に広げていく

 

 

2:テーマを深く掘り下げていく

 

 

 

この2つの方法があります。

 

 

 

記事内容を濃くしたり、ボリュームアップするには

このどちらかの方法を使って、どんどん展開していくわけですが

あなたは普段、どちらの方法を使っているでしょうか・・・?

 

 

 

もし、テーマを掘り下げて書いているのであれば

しっかりと、伝わる記事になっているはずですし

 

 

 

テーマを横に広げていっている場合は

伝わらない記事になっている可能性が大です。

 

 

 

このテーマを横に広げる記事の書き方は

特に、初心者の人や文章を書くのが苦手な人に多く見られます。

 

 

 

ボリュームを増やすために

次から次へと、テーマを変えて行っているからです。

 

 

 

確かに、ボリュームがあったほうが読みごたえはありますが

テーマは増えれば増えるほど、読み手が理解できなくなっていくのです。

 

 

 

書き手側は『少しでも多くの情報を伝えてあげよう』

こういう意図だと思うのですが、方向性を間違えると

完全に逆効果になってしまいます。

 

 

 

そもそも、読み手が求めているのは

 

 

 

より詳しく深い知識

 

 

 

中途半端な知識ではありません。

 

 

 

検索するという行為自体が

 

 

 

『もっと詳しく知りたい』

 

 

『もっと深く知りたい』

 

 

 

これが根底にあるからです。

 

 

 

余計な話題は不要で、あくまでも

1つのテーマを、より詳しく知りたいから調べているわけです。

 

 

 

あなたも、検索する時はそうじゃないですか?

 

 

 

もし、他のテーマを知りたければ、別記事を読めば済みますからね。

 

 

 

そう考えると

『テーマを深く掘り下げていく』という書き方こそが

 

 

 

伝わる記事であり、求められている記事であることが

よく分かると思います。

 

 

 

 

記事のスタートとゴールの一貫性

 

 

あなたが記事を読む際には、記事のタイトルを見てから

前書きを軽く読んで、大体の内容を想像すると思います。

 

 

 

あとは常に『こんな感じの話かな』

と思い浮かべながら、読み進めていくはずです。

 

 

 

もし、その想像通りの話であれば

どんどん集中して読んで行くでしょうし

 

 

 

全然違う内容であれば

『あれっ??』と、頭の上に、はてなマークを浮かべることでしょう。

 

 

 

特に記事で重要なのが、最後の締めの部分で

ここがスタートとズレていると、完全に意味不明のまま終わってしまいます。

 

 

 

分かりやすい例で言うと

メインテーマを『味噌ラーメン』にしたとします。

 

 

 

単に、ハヤテがラーメンの中で、味噌ラーメンが一番好きなので(笑)

 

 

 

記事タイトルは

『日本一美味い味噌ラーメンを実食してきました!』

こう付けました。

 

 

 

ただ、スタートは味噌ラーメンの話なんですが

途中で、醤油ラーメン、塩ラーメン、とんこつラーメンと

様々な話題が出てきて、最後の最後には冷やし中華の話題で締めました。

 

 

 

さて、この記事を読んだ人は

読み終わったあと、どう感じたでしょうか?

 

 

 

『結局、何の話だったの・・・??』

 

 

と頭の上に、はてなマークが浮かぶこと間違いなしです。

 

 

 

ボリュームを増やしたかった、もしくは

ラーメン全般の熱い想いを語りたかった、という欲張った気持ちが招いた

絶対にやってはいけない惨劇です。

 

 

 

でも、実際にこれをやってる人、結構多いんですよ。

 

 

 

例え短くても、味噌ラーメンの話題だけで締めておけば

 

 

『味噌ラーメン美味しそうだな』

 

 

『自分もその店に行ってみたいな』

 

 

 

と読者に思って貰い、無事に伝わったはずですが

蛇足を付けたせいで、伝わらない記事になってしまったわけです。

 

 

 

記事に大事なのは、長さやボリュームよりも

スタートからゴールまでの『一貫性』です。

 

 

 

常に1つのテーマにのみ、スポットを当てておかないと

読み手には、何も伝わらない記事

つまりは『役に立たない記事』になってしまいます。

 

 

 

 

テーマが多い場合は記事を分ける

 

 

コンサルなどで、ブログ診断をしている時

 

 

『これは、記事を3つぐらいに分けたほうがいいですね』

 

 

というツッコミを入れることが良くあります。

 

 

 

2、3個のテーマが入ってることは、よくありますが

中には、5、6個のテーマが入っていて

最後の最後では、すでにテーマの原型をとどめていない物すらあります。

 

 

 

必ずしも、初心者さんだけではなく

結構、何年もやっている人でも

テーマが無駄に広がってしまっているのは、よくあることです。

 

 

 

書き手側としては

『より多くの情報を伝えたい』『より濃い記事にしたい』

という想いがあるのでしょうが

 

 

 

テーマが複数になってしまうと

読み手側には、逆に情報が伝わらなくなってしまいます。

 

 

 

読み手は、最初の記事タイトルと冒頭部分の内容を念頭に置き

『これは○○の記事なんだな』と認識して、読み進めます。

 

 

 

そのため、途中でテーマがずれてしまうと

物凄い違和感を覚え、最終的には『何の内容だっけ??』と

結局、認識がずれたまま、消化不良の状態で読み終えるわけです。

 

 

 

スタート ⇒ テーマがずれる ⇒ 違和感 ⇒ 消化不良のまま読了 ⇒ 意味不明

 

 

スタート ⇒ テーマが統一  ⇒ 納得感 ⇒ スッキリして読了  ⇒ 理解・納得・満足

 

 

 

読み終えて『なるほど』と思えるのは、後者の場合だけで

スタートとゴールの統一性が、非常に重要になってきます。

 

 

 

そのためにも

 

 

 

伝わる記事は1記事1テーマ

 

 

 

これは必須事項と言えます。

 

 

 

伝えたいから、多くの情報やテーマを書くのではなく

伝えたいからこそ、情報やテーマを絞り込む必要があるんですね。

 

 

 

 

自分に合った文字数が一番伝わりやすい

 

 

SEO対策などを意識して

一生懸命に、文字数を増やそうとしている人をよく見かけます。

 

 

 

アフィリエイトにおいて、SEO対策は必要なので

別に悪いことではないんですが、無理に水増しすると

複数のテーマが発生してしまうのです。

 

 

 

書き手にはそれぞれの

『基本文字数』というものがあります。

 

 

 

これは、自分が無理なく書ける最大の文字数のことです。

 

 

 

初心者の場合は、数十文字から200文字ぐらい

長年やっている人の場合は、数千文字と

かなり、個々によって開きがあります。

 

 

 

例えば、1000文字の記事を書く場合

基本文字数が数千文字の人は、楽々書けますが

基本文字数が200文字の人は、かなり苦戦することになります。

 

 

 

結果、1テーマ200文字の物を5個書いて、1記事が完成。

 

 

 

すると、当然テーマがぶれまくりますよね。

 

 

 

基本文字数千文字  ⇒ 1つのテーマ ⇒ 1記事完成

 

 

基本文字数200文字 ⇒ 5つのテーマ ⇒ 1記事完成

 

 

 

もちろん、1つのテーマを意識していれば

テーマが複数に分裂することはないのですが

 

 

 

自分の基本文字数を越えてしまうと

テーマを掘り下げるよりも、横に広げてしまう人が多いのです。

 

 

 

そう考えると、自分に合った文字数が

最も読み手に伝わりやすい、ということが分かります。

 

 

 

途中で手が止まったり、テーマが分岐しているポイントが

あなたの、基本文字数の限界地点です。

 

 

 

こういう状態になったら、無理に話を広げるよりも

そこで、話しをまとめてしまうのが正解です。

 

 

 

折角そこまでは、話が通じているのに

無理をして、通じない記事にするのはもったいないですので・・・

 

 

 

また、基本文字数は日によって微妙に変わります。

 

 

 

調子のいい日は、基本文字数が増えますし

逆に、調子の悪い日は、基本文字数が減ってしまいます。

 

 

 

『今日は、どうにも手が動かないな』

 

 

『今日は、話が上手くまとまらないな』

 

 

 

こういう場合は、さっさと簡潔にまとめたほうが

むしろ、良い記事が完成するのです。

 

 

 

調子がいい時に、ガッツリとした記事を書けばいいですし

『良い記事=長い記事』ではありません。

 

 

 

良い記事とは、100%伝わる記事であることを

常に忘れないようにしてください。

 

 

 

 

記事の目的はあくまでも伝えることにある

 

 

冒頭でもお話ししましたが、記事に求められるのは

『読み手に100%伝わる内容』であることです。

 

 

 

その際に、記事が長いか短いかは、一切関係ありません。

 

 

 

そもそも、記事は長ければ伝わる訳ではなく

 

 

 

最初から最後まで1つのテーマが一貫していること

 

 

 

これが『伝わる記事』の条件です。

 

 

 

つまり、長さは関係ないんですね。

 

 

 

自分が1つのテーマで、掘り下げられるところまで掘り下げ

限界地点まで行ったら、話をまとめる。

 

 

 

これができていれば、しっかりと伝わる記事が書けます。

 

 

 

『自分の基本文字数を知る』

 

 

『テーマを常に念頭に置いておく』

 

 

 

ここを意識しておけば、テーマがぶれることはありません。

 

 

 

記事を書いていて、一番悲しいのは

読み手に内容を理解して貰えないことです。

 

 

 

これは、書き手にとっても読み手に取っても

両者にとって、非常に時間の無駄になる悲しい出来事です。

 

 

 

特に、書き手にとっては

物凄く一生懸命に書いているのに

『無価値な記事』と判断されるのは、とても痛手であり

 

 

 

もし、アフィリエイトの記事であれば

無価値な記事から、商品が売れることはまずないので

非常に残念な結果が待ち受けています。

 

 

 

是非、テーマを1つに絞って

100%伝わる記事を書いて行きましょう。

 

 

 

 

アフィリエイトで肝になる伝わる記事の重要ポイント

 

 

今回の話をまとめてみると

 

 

 

求められているのは100%伝わる記事

 

 

役に立つ内容でも、伝わらないと役に立たない記事

 

 

違和感の残る記事は伝わらない記事

 

 

テーマには2つの展開の仕方がある

 

 

求められているのは深く掘り下げた知識

 

 

スタートとゴールの一貫性が重要

 

 

伝わる記事は1記事1テーマ

 

 

 

以上が重要なポイントです。

 

 

 

情報は、多ければ多いほど

役に立つのは事実です。

 

 

 

しかし、掘り下げる分にはいいのですが

横に広げすぎると、訳が分からなくなってしまいます。

 

 

 

さらに、訳が分からなくなった時点で

『役に立たない記事』のレッテルが貼られてしまいます。

 

 

 

これは、アフィリエイトの基本ですが

役に立たないと認識された記事からは

まず、商品が売れることはありません。

 

 

 

商品の成約率は、文章力も大きく関わっていますが

伝わるかどうかは、テーマの展開の仕方が大きく影響しています。

 

 

 

記事を書く際には、色々と考えることがありますが

『伝わること』を最優先していくべきです。

 

 

 

毎回、伝わる記事が書けるようになると

記事の反応や成約率も、確実に上がって行きますよ。

 

 

 

 

 

 


関連する記事
    コメント
    ハヤテさん、初めまして。
    ランキングからやってきた美鈴です。

    記事の書き方がとても勉強になりました!

    私はよく「読者にもっと色々な情報を伝えたい!」と思って
    1つの記事にいくつものテーマを詰め込んでしまうのですが、
    それはただの自己満足で、読者からしたら
    「結局何がいいたいの?」
    となっていたんだと反省しています。

    これからは「1記事に1テーマ」
    「横展開するのではなく、下に掘り下げる」
    という事を意識して、記事を書いていこうと思います♪
    ステキな情報をありがとうございました(*´▽`*)

    応援していきます!
    美鈴さん、こんにちは。


    確かに、伝えたいテーマって色々ありますよね。


    書いている途中に、ふと思いつくこともありますし
    結構、切りがなかったりします。


    ただ、人の理解力や記憶力は結構単純なので
    複数のテーマを投げかけると、読み終わった後に
    『何だっけ??』となってしまいます。


    結局
    『1つの記事で、伝えることは1つだけ』
    と割り切っていた方が、確実に伝わります。


    是非、1つを掘り下げて
    素敵な伝わる記事を書いてくださいね^^

    初めまして!

    なるほど、伝わりやすくするために工夫すべきポイントが
    分かった気がします!

    私の記事も突っ込まれそうですが、ここで勉強させていただこうと思いました(^^)

    これからも拝見させていただきますね!
    かめかめさん、こんにちは。


    気を付けさえすれば、誰でもできますが
    気を抜くと、経験者でもうっかり忘れることがあるので
    注意したいポイントです。


    是非、伝わる記事を書いて
    より良い結果を出して行ってください^^
    こんにちは!

    ブログランキングから来ました。

    徳幸太と申します。

    私も普段記事を書く際は、

    なるべく1つにまとめてわかりやすく書くように心がけております。

    あれこれ書いてしまうと見てる人も結局なにが伝えたいのかわかりませんので

    一記事にわかりやすく1つのことについて書くように心がけています。

    いろいろな気づきを与えてくださりありがとうございます。

    これからも頑張ってください。
    応援しています。
    はじめまして

    ランキングから来ました。
    ・「1記事⇒1テーマ」
    ・読者に内容が伝わるように
    基本中の基本なんでしょうが、これは結構意識しないと難しいですね。
    勉強になりました。参考にさせていただきます。
    ありがとうございます。

    応援していきます。がんばってください。
    • nao
    • 2017/03/15 11:14 AM
    徳幸太さん、こんにちは。


    結局、書くことの主旨は『伝える』ことなので
    無駄に、情報を出し過ぎてしまうと
    ボリュームはあっても、伝わらなくなってしまいますよね。


    しっかり、1つにテーマを絞られているのは
    とても素晴らしいことだと思います。


    今後とも、分かりやすく伝わること意識して
    お互いに、良い記事を書いて行きましょう^^
    naoさん、こんにちは。


    確かに、テーマを1つに絞ることや
    読み手に伝えることを最優先するのは、基本中の基本ですが
    ついつい、自分の欲や都合が出てしまうんですよね。


    私も、気を緩めると
    それた内容を書いてしまうことがあるので
    常に、気を引き締め気を付けています。


    自分と読み手のどちらを優先するのか?

    このたった1つの意識で、内容が変わるので
    常に気を付けて、伝わる記事を書いて行ってくださいね^^
    ハヤテさん、
    こんにちは〜大喜まさこです。


    読者に伝わる記事は、
    深い知識を持っていないと書けない、

    っていうのが良くわかりました。

    読み手の立場に立ってテーマ選定からやって行こうとおもいました。


    またうかがいます。
    応援して帰ります。
    大喜まさこさん、こんにちは。


    確かに、ある程度深い知識がないと掘り下げられないので
    予備知識がない状態で書いてしまうと
    横に広がってしまう傾向があります。


    ただ、その点は記事を書く前のリサーチで
    十分に知識は付けられるので、調べる手間さえ惜しまなければ
    誰でも深い記事が書けるかと思います。


    読者さんに、しっかり伝わる記事が書けるよう
    お互いに頑張って行きましょう^^
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    search this site.

    ハヤテのプロフィール

    hayate-avater.gif

    2010年1月 物販アフィリエイトスタート
    2011年3月 情報アフィリエイトスタート
    2012年4月 疾風アフィリエイトで
          インフォプレナーデビュー
    2012年6月 疾風アフィリエイト
          第1回懇親会開催
    2012年10月 疾風アフィリエイト
          第1回東京セミナー開催
    2014年5月 3行で儲かるアフィリエイトで
          ビジネス書作家デビュー


    アフィリエイトサポート人数が
    1000人を越えました^^

    今後もますます頑張って
    アフィリエイトで成功したい人たちの
    サポートに励みたいと思います


     

    ブログランキング3冠を達成しました
    皆さんの応援に感謝感激です^^


    アフィリエイト

    質問メールコーナー

    002.gif

    2日以内に返信が届かない場合は
    メールアドレス記入ミスの場合が殆どです
    再度ご自分のメールアドレスを正確に書いて
    ご送信いただくようお願い致します^^

    ※メールアドレス記入漏れの方が
     非常に多いですのでご注意下さい

     初心者の方も
     お気軽にメールをお送りください

    categories

    recent comment

    • アフィリエイトに必須のキーワード選定のコツとおすすめツール
      ハヤテ
    • アフィリエイトに必須のキーワード選定のコツとおすすめツール
      りゆ
    • アフィリエイトの独自ドメインの必要性とお勧めの取得方法
      ハヤテ
    • アフィリエイトの独自ドメインの必要性とお勧めの取得方法
      みずのえ
    • アフィリエイトにお勧めの無料ブログと稼ぐための必要性
      ハヤテ
    • アフィリエイトにお勧めの無料ブログと稼ぐための必要性
      tonton
    • アフィリエイト専用メールアドレスに最適なGmailの登録・活用法
      ハヤテ
    • アフィリエイトの成功にマインドが必要というのは本当?
      ハヤテ
    • アフィリエイト専用メールアドレスに最適なGmailの登録・活用法
      きょろ
    • アフィリエイトの成功にマインドが必要というのは本当?
      アキモト

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM