main image

売り上げ10倍!物販アフィリエイトの売れる記事タイトルの付け方とは

 

 物販アフィリエイトは記事タイトルが重要。

 

 しかし、適当にタイトルを付け失敗する人も。 

 

 タイトルによって集まる属性が決まり

 

 売れる確率も10倍以上の差に。

 

 確実に売れる記事タイトルの付け方とは。

 

 

 

 

 

 

 

物販アフィリエイトは、ジャンル選びと商品選び重要ですが

最終的には、その商品を欲している人を集める必要があります。

 

 

 

せっかく、よい商品を一生懸命に紹介しても

必要としない人を集めていては、全く購入してもらえないからです

 

 

 

記事を書くことには力を入れても

記事タイトルを適当に付けているために

売れない人も少なくありません。

 

 

 

これは、記事タイトルせいで

購買意欲の低い人が集まってきているからです。

 

 

 

しかし、購買キーワードや購入レベルを理解し

正しい記事タイトルを付ければ、売り上げアップは難しくありません

 

 

 

そこで今回は、集まる属性の違いと

売り上げに直結する記事タイトルの付け方を解説していきます。

 

 

 

 

記事タイトルによって違うアクセスの属性

 

 

物販アフィリエイトは、アドセンス(クリック型報酬)とは違い

購入して貰って初めて報酬が出るため

記事タイトルの付け方が、非常に重要になってきます。

 

 

 

というのも、付けた記事タイトルで

集まる属性が違うからです。

 

 

 

分かりやすい例で言うと

 

 

 

購入意欲のない人、100人(100アクセス)

 

 

購入意欲の高い人、10人(10アクセス)

 

 

 

アクセス数という、単純な数字で見ると

前者のほうが圧倒的に有利に見えます。

 

 

 

しかし、中の属性を見た場合

どちらのほうが、商品が売れる可能性が高いでしょうか?

 

 

 

間違いなく、後者のほうが売れる可能性が高いですよね。

 

 

 

買う気満々の人を集めれば

商品が売れやすいのは当然のことなのです

 

 

 

逆に、買う気が全くない人をいくら集めても

商品に見向きもしてくれません。

 

 

 

この集まる属性の差は『記事タイトル』の違いによるものです。

 

 

 

ただ集めるだけの場合と、特定の属性を集める場合では

記事タイトルの付け方を変える必要があります

 

 

 

もし、これを知らずに

購買意欲の低い人を集めるタイトルを付けていると

さっぱり商品が売れないのです。

 

 

 

 

集客キーワードと購買キーワード

 

 

記事タイトルに使うキーワードは

『属性』を考えなければなりません。

 

 

 

販売を目的とした物販アフィリエイトは

購買意欲の高い人を集めるキーワードを使わないと

商品がさっぱり売れないからです

 

 

 

キーワードには2つの属性があり

 

 

 

1つは

多くのアクセスを集めるための『集客キーワード』

 

 

 

もう1つは

購買意欲の高い人を集めるための『購買キーワード』

 

 

 

記事の目的によって、2つを使い分ける必要があります。

 

 

 

ただ、アクセスを集めるだけであれば

検索需要の高いキーワードを、調べて使えば問題ありません。

 

 

 

いわゆる『キーワード選定』がこれで

キーワードツールを使えば、簡単に見つけられます。

 

 

 

 

しかし、購買キーワードは

検索需要で決めるものではありません。

 

 

 

検索数をしぼるために使うので

集客キーワードとは逆の考え方になります

 

 

 

集客キーワード ⇒ あらゆる人を手あたりしだい集める(アクセス数が多い)

 

 

購買キーワード ⇒ 購買意欲の高い人だけを集める(アクセス数が少ない)

 

 

 

購買キーワードは、どんな商品でも共通しているので

キーワードツールなどで調べる必要はありません。

 

 

 

知っているかどうかだけの問題です。

 

 

 

『購買キーワード』を知ってさえいれば

購入意欲の高いアクセスを、意図的に集めることができるのです

 

 

 

 

購入に直結する購買キーワード

 

 

物販アフィリエイトで、商品が売れるかどうかは

購入に直結する『購買キーワード』を、知っているかどうかしだいです

 

 

 

購買キーワードとは

 

 

 

  • 通販
  • 予約
  • 購入方法
  • 送料無料
  • 最安値
  • 店舗名

 

 

こういったものです。

 

 

 

なぜ、これらのキーワードで集客すると

商品が売れやすいのかといえば

 

 

 

購買キーワードは

すでに、購入を決めた人が使うからです

 

 

 

買う気のない人が、わざわざ

予約する店や購入方法を調べはしません。

 

 

 

購買キーワードの記事タイトル経由で来る人は

 

 

 

  • 売っている店が分からない
  • 予約できる店を探している
  • 売り切れているので在庫のある店を探している
  • 一番安く買える店を知りたい
  • 有名な店で買いたい

 

 

このように、すでに買うことを決めている

購入の一歩手前の人たちです。

 

 

 

そのため、的確にこのニーズに答え

望む店舗に誘導してあげられれば

自発的に購入ボタンを押して貰うことが可能になります

 

 

 

ただし、このケースは

あくまでも、購入の一歩手前の人であって

購入の距離の遠い人は、一筋縄ではいきません。

 

 

 

 

購入の距離

 

 

物販アフィリエイトで、商品を高い確率で買ってもらうには

『購入の距離』の近い人を集めるのが大切です

 

 

 

しかし、記事のタイトルを見て集まってきた人たちは

全員、購入までの距離が違います。

 

 

 

距離感を分かりやすく説明するために

『購入レベル』で表してみると

 

 

 

  • 購入レベル1:偶然来てしまった
  • 購入レベル2:その商品や言葉の意味が知りたかった
  • 購入レベル3:その商品ジャンルに興味がある
  • 購入レベル4:その商品に興味があるが迷っている
  • 購入レベル5:その商品の購入を決め買う場所を探している

 

 

この5つのレベルに分かれているのです。

 

 

 

購入レベルの高い人が来てくれた方が

商品は格段に売れやすくなります

 

 

 

もし、アクセスが集まっても売れないのであれば

購入レベルの低い人ばかりが来ている可能性が高く

 

 

 

逆に、アクセスが少なくても売れているのであれば

購入レベルの高い人が集まっているからです。

 

 

 

購入レベルの高さは

付けたタイトルで、大きく変わってきます。

 

 

 

例えば

 

 

 

商品名 + とは

 

 

商品名 + 意味

 

 

 

こんな記事タイトルを付ければ、意味を知りたいだけの

購入レベル2の人たちが集まってきます。

 

 

 

また、記事タイトルの付け方によっては

 

 

 

商品名 + 使い方

 

 

商品名 + 攻略法

 

 

 

すでに、購入済みの人たちが集まってきます。

 

 

 

当然、このような人たちを集めても

商品はさっぱり売れません。

 

 

 

商品を売ることが目的であれば

購入レベル3以上の人が集まる

記事タイトルを付ける必要があります

 

 

 

 

購入レベル別のタイトルの付け方とアピール方法

 

 

購買意欲が高い人を集める記事タイトルの書き方を

レベル別に解説していきます。

 

 

 

◆購入レベル3以上の人を集める記事タイトル      

 

 

購入レベル3の人は、特定のジャンルには強い興味があるものの

まだ、何かを買うとは決めていません。

 

 

 

そのため、記事タイトルに商品名を入れても

意味がありません。

 

 

 

そもそも、商品名を知っていれば

ダイレクトに、商品名で検索する可能性が高いです。

 

 

 

そこで、ジャンル名を主体としたタイトルが必要になります

 

 

 

ジャンルに興味のある人を集める場合

 

 

 

  • ジャンル名 + 最新
  • ジャンル名 + 人気
  • ジャンル名 + 流行

 

 

このような記事タイトルが有効です。

 

 

 

実例としては

 

 

 

『○年のノートPC最新情報』

 

 

『今年の秋の流行ファッションは』

 

 

『今大人気のスパリゾート特集』

 

 

 

こんな感じですね。

 

 

 

ジャンル主体のタイトルは、幅広く人が集まるのが特徴ですが

購買意欲は、中程度の人が集まりやすいです

 

 

 

そのため、紹介する商品の情報は

1から細かく説明する必要があります。

 

 

 

この集め方の場合は、ある程度の情報量と

記事力が必要であることは、理解しておいてください。

 

 

 

 

◆購入レベル4以上の人を集める記事タイトル      

 

 

購入レベル4の人は、すでに気になっている商品があり

買うかどうか迷っている状態の人です。

 

 

 

迷う理由としては

 

 

 

  • 他にも候補の商品がある
  • この商品を信頼していいのか迷っている

 

 

主にこの2つになります。

 

 

 

購入前には、複数の候補を立てるのが普通で

1つに選びきれないことが多いです。

 

 

 

また、1つにしぼっても

どうしても心配で、一歩踏み出せないこともあります。

 

 

 

そこで、購入を迷っている人を集める場合は

 

 

 

  • 商品名 + 比較
  • 商品名 + おすすめ
  • 商品名 + 評判
  • 商品名 + 口コミ

 

 

このようなタイトルが最適です。

 

 

 

具体例としては

 

 

 

『○○と○○を比較してみた』

 

 

『○○と○○はどちらがおすすめ?』

 

 

『○○の評判は?』

 

 

 

こんな感じですね。

 

 

 

比較で、自分がおすすめする商品の優位性を示すこと

評判や口コミなどを集めて、安心感を与えてあげることが重要です

 

 

 

この記事タイトルで集まった人は

購入レベル3の人に比べると、かなり購入に近い位置にいます。

 

 

 

とはいえ、まだ迷っている状態なので

どれだけ、商品の魅力を伝えることができるか

また、どれだけ安心感を与えて上げられるかが重要です。

 

 

 

 

◆購入レベル5の人を集める記事タイトル        

 

 

購入レベル5の人は、すでに商品の購入を決めており

あとは、買う店を探している状態です

 

 

 

このレベルの人が求めているのは

 

 

 

  • 通販できる店が知りたい
  • できるだけ安く買いたい
  • なるべく早く届くと嬉しい
  • できれば送料が安い店が知りたい
  • 安心して購入できる店がいい

 

 

こういう希望があります。

 

 

 

そのため

商品の紹介やアピールよりも

購入する店舗や商品価格の説明が必要です

 

 

 

購入が決まっている人を集める場合は

 

 

 

  • 商品名 + 通販
  • 商品名 + 予約
  • 商品名 + 店舗名
  • 商品名 + 送料無料
  • 商品名 + 最安

 

 

このような記事タイトルが有効です。

 

 

 

具体例としては

 

 

 

『○○の通販はAmazonがおすすめ』

 

 

『○○の最安価格はこちら』

 

 

『○○の予約受付中!送料無料で当日到着』

 

 

 

こんな感じですね。

 

 

 

購入できる店を教えてあげること

 

 

安く買える店を教えてあげること

 

 

もしあれば、送料無料や到着の速さも

アピールポイントになります。

 

 

 

また、通販が不慣れな人は

『本当に商品が届くかどうか』

ここを心配する人もいるのです。

 

 

 

そのため、最も通販利用率が高い

Amazon・楽天・Yahooショッピングの場合は

安心感を与えてあげることができます

 

 

 

 

特に、利用率ナンバーワンのAmazonは

キーワードツールの検索結果にも、しばしば登場する

検索需要の高いキーワードです。

 

 

 

 

初心者こそ記事タイトルに時間を掛けるべき

 

 

初心者の人ほど、タイトルを適当につけてしまう傾向があります。

 

 

 

これは、タイトルによって集まる属性が違うことを

知らないのが原因です。

 

 

 

もし、記事タイトルの付け方を間違えていると

 

 

購入レベルの低い人ばかりを集めたり

記事の内容と違うレベルの人を集めたりで

さっぱり売ることができません

 

 

 

例えば、最安店舗を紹介する記事を書いた場合

 

 

 

特定の商品にまだ興味のない、購入レベル3の人を集めても

さっぱり売れませんし

 

 

 

まだ、悩んでいる最中の、購入レベル4の人を集めても

やはり売れないのです。

 

 

 

最初に、どの購入レベルの人を集めるのか決め

適切なタイトルを決める必要があります

 

 

 

タイトルが決まったら

それに合った内容を書いて行けば、集まる人に最適な記事が完成。

 

 

 

結果的に、売れやすくなるわけです。

 

 

 

ただ、多くの初心者の人の場合

記事の内容だけにこだわり、タイトルを気にしていません。

 

 

 

そのため、記事の内容と訪問した人の属性が合わず

スルーされてしまうことが多いのです。

 

 

 

×『○○って何だろう?』 ⇒ 『こちらの店舗で購入できます』

 

 

×『○○と○○どっちがいいかな?』 ⇒ 『こちらの店舗が最安です』

 

 

○『○○はどこで買えるのかな?』 ⇒ 『こちらのお店で通販できます』

 

 

 

せっかく記事を書いても、属性が合わないと離脱されてしまいます。

 

 

 

記事を書くスキルが上がって来たら

より、購入レベルの低い人に向けて記事を書くことができます。

 

 

 

また、購入レベルの低い人から高い人まで

全対応の記事を書くことも可能です。

 

(基礎知識 + 他商品との比較 + 購入先の説明 全てが入った記事)

 

 

 

しかし、初心者の内は

購入レベル5の人を狙う、タイトルと記事を書くことをお勧めします

 

 

 

購入の一歩手前の人であれば

説明も短く済み、購入率も格段に高くなるからです。

 

 

 

 

売れる記事タイトルの付け方のまとめ

 

 

今回の、物販アフィリエイトの売れる記事タイトルの付け方は

いかがだったでしょうか?

 

 

 

『売り上げ10倍』というのは

決して大げさな話ではありません。

 

 

 

購買意欲の低い人を100人集めるよりも

購買意欲の高い人を10人集めるほうが

はるかに売り上げが高くなるからです。

 

 

 

そのためには、購買意欲の高い人が集まる

記事タイトルの付け方が重要になってきます。

 

 

 

記事タイトルとは、いわば

『こんな人たちにお勧めですよ』

という、読者募集の看板です。

 

 

 

記事タイトルの付け方が上手くなると

意図した属性の人たちが集まり

商品売り上げが格段に上がって行きますよ。

 

 

 

 

 

 


コメント
こんばんは。
仰る通り、タイトルが重要ですね。
私もブログランキングから先輩方の記事を拝見するとき、タイトルで興味が沸きそうとか、面白そうな物を探します。
折角、一生懸命書いてもタイトルに惹かれないと無駄になりますね。
  • tonton
  • 2017/08/29 6:53 PM
はじめまして!


タイトル、意識しているようでしていないことに気がつきました。
非常に分かりやすいです!


ありがとうございます!!
>tontonさん

tontonさん、こんにちは。


全部の記事は読めないので
何だかんだで、記事タイトルで選びますよね。


特に、アフィリエイト記事は
集まる属性も決まるので、とても重要です。


せっかく書いた記事を読んでもラうためにも
最適なタイトルをつけたいですね^^

>せきちゃんさん

せきちゃんさん、こんにちは。


自分が検索する側の第三者視点だと
タイトルの魅力がよく分かりますが
書く側だと、ついつい忘れてしまうんですよね。


せっかく良い記事でも
タイトルが適当だと、スルーされてしまうことも・・・


最適なタイトルを付けて
是非、色んな人に記事を読んで貰ってください^^


属性の高い人を集めると、
アクセス数を気にしなくても良くなりますよね(ちょっと大げさだけど)。
その位しっかり絞ったタイトル、キーワード選定をしたいですね。
有難うございます。
勉強になりました。
>冴木隆さん

冴木隆さん、おはようございます。


実際に、購入レベルの高い人が集められれば
1日に1桁アクセスでも、十分だと思います。


アクセスが少なくても
売れているブログは、沢山ありますので。


しっかり考えたタイトルを作って
狙った属性が集まるよう、お互いに頑張りましょう^^

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

ハヤテのプロフィール

hayate-avater.gif

2010年より、アフィリエイトに取り組み始め
毎月7桁の収入を常にキープしながら
専業アフィリエイターとして
悠々自適に生活しています。

教材作成・本の執筆・コンサルタントなど
様々な、ビジネスを展開していますが
一番得意なのが、物販アフィリエイトです。

詳しい実績やプロフィールはこちら
 
        

categories

相談・質問メールはお気軽に

002.gif

アフィリエイトのお悩み・ご相談など
初心者の方も、お気軽にご連絡ください。

長年の実践経験、コンサル経験をもとに
分かりやすく解答させていただきます。

ブログランキング


ブログランキング3冠を達成しました
皆さんの応援に感謝感激です^^


アフィリエイト

おすすめ教材&ツール

疾風アフィリエイト.jpg

ゼロから始めて
最速で稼ぐ仕組みを作る方法


詳しいレビューはこちら



COMPAS.jpg

売れるキーワード選定
ライバルサイト分析もボタン一発
安く速くSEO対策をしたいなら


詳しいレビューはこちら

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM